M字ハゲと必死で戦っていた男

M字ハゲと必死で戦っていた男の話しをさせてください。
昔、付き合っていた男性が実は、M字ハゲでした。身長182センチ、体重67キロ、高学歴で顔もなかなか整っているのに、M字ハゲでした。
M字ハゲの程度は、隠しているとパット見は微妙なのですが、風で前髪がブワッとなったら即アウトでした。イメージで言うとベジータですね。

その男の人は、ワカメをたくさん食べたり、無添加かつ髪に良い成分が含まれている高価な育毛シャンプーを使用していました。

湯シャンというのでしょうか。そのシャンプーに出会う前はお湯だけで髪を洗ったりしていたようです。あと、女性ホルモンサプリなる代物も飲んでましたね。医者の処方無しでない丈夫なんでしょうか。いまだに謎です。

最初は乳房が張るような変な感じがしたと言ってました。あと、髭が薄くなったとも。さらに、その男は女性の私がびっくりするほど美容サプリを何種類も飲んでました。

剥げかけているイケメンは普通の不細工がハゲるより、なんか哀愁が漂っていて、正直に申しまして、ちょっと悲惨でした。潔く坊主にしてみたり、カツラを被ったら逆に案外いけるのではなかろうか、とか思ったりしました。

胡散臭い前髪両わけの変な髪型しかできないのもM字ハゲの悲しい部分かなと思いました。結局、浮気されたのに腹が立って別れたのですが、その時にさえハゲは禁句でしたね。あまりにそれを気にしているのを知っていたので、罵り言葉ですら言えませんでしたよ。

M字ハゲ 育毛剤 医薬品を使用する